税金

遺産分割とはどういうこと?

相続には基本となることの1つに「遺産分割」があります。
遺産分割とはどういった内容かご存じですか?
言葉から考えれば、遺産を分け合うというようにも聞こえますが、さてどういったことなのか、ここで簡単にまとめてお話したいと思います。

はじめに、遺産分割は共有状態にある遺産を、各相続人それぞれのものにするということを言います。
被相続人が死亡した時、相続人が複数いるとします。
そのような場合の遺産は相続人の共有という形になります。

共有された遺産を分割することに対し、期限という制限がありません。
しかし、遺産分割がされていないままにしておくと、ずっと共同相続人の共有状態の遺産のままになってしまいます。

遺産分割をするにあたって、様々な分割の方法があります。
遺言があった場合は、全てその内容通りに遺産の分割を行います。
ここで遺言状がなかった場合は、相続人となる人たち全員と遺産分割のための協議をすることになり、取得者を決定します。

しかし、協議を進めていてもうまくまとまらないといった状況になる可能性もあると思います。

そのような時は、家庭裁判所による調停で遺産分割を行いますが、まだそれでもまとまらず、解決できそうにない状態ならば、審判という形になり分割を行うこととなります。
審判でも納得のいく結論にならなかったという場合は、最終的に裁判となります。

遺産分割ということは、本当に複雑で難しい流れになっているという事がよく分かります。
相続人になった人同士、全員が納得いくまで話し合いを続けなくてはならない、そしてその状況に合った方法で審査をしていかなければならないということになるんですね。

いつか相続人という立場に立った時のためにも、何も知らないということでは話し合いも何もスムーズに進める事はできません。
そのためにも、遺産分割について内容を少しでも理解しておくことが重要となってくるのではないでしょうか?

Menu