税金

遺産分割の方法でもある代償分割について

内容も難しく、トラブルも多くなってしまいそうな遺産分割ですが、この遺産分割には方法が3つあるんです。
現代分割というのは、1つひとつの財産に対して取得者を決める事になります。

この方法が一般的な遺産分割の方法とも言われています。
割合で決めるのではなく「この土地は長男・あっちの土地は次男・○○銀行の預金1億円が長男」といったような配分を決める事になります。

次に換価分割ですが、遺産を全て変換して、相続人には金銭の状態で配分する方法となっています。
内容は金銭以外の財産を全て売却して、遺産の全てを金銭に換えてその金銭を分け合うということになりますね。

そして、今回注目してお話したい代償分割ですが、今までの分割方法とは少し複雑な部分がありますので、しっかり確認してみて下さい。

代償分割は、遺産を相続人でで分割することではなく、決まっている相続人に相続分以上の財産を渡し、その代表の相続人となった人が他の相続人に対し現金などで受け渡すといった方法になります。

代償分割を利用する例としては、価格が同じくらいの土地が2つあって、それを兄弟で分ける事にすれば、特に問題はないと思います。
しかし、兄へ渡した土地が一億円、弟には現金2000万円となった場合は、弟は納得のいかない内容となって不満もありますよね。

ここで、代償分割を行うことで、多く受け取った兄が代わりに現金などで弟にその分を渡すということをするんです。
そうすることで、兄弟共に平等に問題なく納得した状態で配分ができます。

遺産分割方法には色々なパターンがあることがわかります。

しかし、分からないままにはしておかず、少しでも遺産分割の内容を理解しておくことで、もし何か相続のことで関わらなくてはいけなくなった時、自分に焦ることもなく話を進めていけると思いますよ!

後から起こる面倒なトラブルには巻き込まれないためにも、気をつけてくださいね。

Menu