税金

相続税についての基本

相続というものには、相続税というものがあります。
ですが、相続税とは一体どのような税金なのでしょうか?
知っている方は少ないと思いますが、本当に複雑で難しい内容なので、相続税の基本をしっかり理解しておきましょう。

はじめに相続税というものは何か?ということですが、亡くなった方が残した財産にに掛かる税金のことを言います。
借金などがあった場合にも、財産から借金を引いたものに対して税金がかかります。

しかし、ここで言えることは相続税というものは全てのものに掛かる訳ではないということです。
遺産の評価額が基礎金額以下であった場合には相続税が掛かることはありません。
パターンも内容も数多くの例がありますので、参考にしてみて下さい。

では、相続税の掛かる財産にはどんなものがあるのでしょうか?
これは最初に相続税について知っておくならば、把握しておいた方がいいと思われます。
そこで、相続税が掛かる財産は、本来の相続財産・生前の贈与財産・みなし相続財産に分かれます。

本来の相続財産には、遺産分野の対象となる財産になります。
基本としては、土地・現金・生命保険・家具・宝石・貸付金や売買金などがあります。
生前の贈与財産は、相続開始日から3年以内に被相続人から受け取った財産のことになります。

みなし相続財産は、相続価値があるものに相続財産とみなされて相続税が掛かることを言います。
その例としては、死亡保険金・死亡退職金・保険事故が未発生の生命保険契約があります。

このように相続税を見直してみると、本当に細かく難しい内容になっているんですね。
分かっていたようでも、こんなに深い内容になっていたのかと思ってしまいます。
しかし、もし自分が相続人となった時のことを考えると、相続税については知っておいた方がいいと思います。

いざその場に立った時に、自分に戸惑うこともなく話をまとめながら進めていけますね。
前もって知っておくことも、とても大切な事ではないでしょうか!

Menu