税金

遺産分割でもめないようにするには?

遺産分割を相続人で行うこととなった場合、注意しなくてはいけないことがあります。
問題なくスムーズに行いたいものです。
遺言書があれば、その内容通りに遺産の分割を進めていくことができます。

しかし、ここで遺言書がなかった場合、分割できない不動産関係のものは、全て共有財産となります。

相続人の中で、共有財産にしておいて問題がないようであればそのままの状態にしておいてもいいと思いますが、やはりお金が絡んでくる問題にもあるので、今後トラブルにならないようにするためにも、早めの遺産分割協議で決定してしまった方がいいと思われます。

そして、協議の結果が決まったとします。
その時に書面で残しておくというとても重要なことがあります。
これを遺産分割協議書と言います。

遺産分割協議には、相続人となる人が全員あつまって話し合いを進めていく場でもありますが、全ての人が集まれるということも難しいですし、絶対に全員が集まって話し合いをしなくてもいいのです。
電話でも、メールでも伝えられる方法であればいいのです。

しかし、ここで重要になってくるのが、遺産相続協議所を作成した場合、同意した全員の自著・捺印が必要となります。
相続人である中の1人でも署名がなかった時は、この協議書は無効となってしまいます。

このような問題が起きないためにも、しっかり話し合いをして、結果が出た時には、相続人全員にその内容が伝わるように、理解してもらえるようにしておきましょう。

ですが、いくら頑張って協議を進めていても、どうしても納得できないというようなケースになってしまうこともあります。
そうなってしまっては、自分たちの力では解決することができなくなってしまうので、裁判所の協定分割や審判分割といった方法を受けることもできます。

中途半端に終わらせてしまって、後からゴチャゴチャ問題が起こるよりも、この様な方法を使って最初から最後までしっかり話をまとめて結論を出した方がよさそうですね。

Menu