税金

生前分与と贈与税の基礎とは?

相続と一言で言っても、様々な方法や内容があるということが分かりました。
名前だけは知っているけど、中途半端に内容までは理解しきれていないという方も多くいらしゃると思います。

知らなかった、分からないから……と相続人という立場になった時に、その言葉では済まない問題もたくさん出てくると思います。
そのためにも、多少の知識は身に着けて置いた方がいいのではないでしょうか。

今回は、生前分与と贈与税の基礎についてお話したいと思います。
生前分与というのは、被相続人が存在している時に、本人の意志から財産を無償で他人へ渡すことをいいます。
生前分与をすることでプラスに考えられることは、財産に掛かってくる相続税を負担しなくてもいいという目的で使われる事もあります。

また、遺言と一緒に使う事で、遺産分割をスムーズに進めることもできるという方法もあります。

では、贈与を受け取った時に掛かる税金を贈与税と言います。
この贈与税は、年間に110万円以上の財産を受け取った人のみに贈与税を支払うことになります。
財産をもらった人がどうよ税を納めるという義務があるので、これは必ず守らなくてはいけないことになります。

例として、贈与税が掛かる財産は、現金・預貯金・有価証券・土地や家などの不動産関係があります。
この他にも、まだまだ贈与税が含まれてくるものはあります。
経済的に価値のあるものには、贈与税が掛かってくるものだと思っていてください。

ですが、生前贈与という形で財産を受け取るというパターンは殆どないものだと言われています。
生前していて、意識も言葉もはっきりしている状態で、本人のみの意志や希望のみで財産の受け渡しが決定してしまうわけですからね。

ここで、前に出てくるのは、家族や身内ではなく、その他の親族の方々なのではないでしょうか。

財産というお金が絡む問題なので、いくら家族でも親族であっても厳しい目線で見られていることに違いはありません。
ここぞとばかり、大きく前に出てくる人たちもいて、増々まとまらない状態になってしまいそうですね。
この様に、遺産相続のことが原因で家系の距離が遠く離れてしまうことにだけは、なりたくないものです。

Menu