税金

遺言を使って相続税対策をする

被相続人が死亡した時に、遺言が残っていたとします。
その場合には、遺言に書かれている内容通り話が進み、受け渡しも決まります。

もし、遺言がなかった場合は、相続人全員での遺産分割協議をすることで、取得者を決めることになります。
説明のように、遺言の内容が優先となる事が分かりますね。
遺言書があれば、書かれた内容通りに進めて行くことができるので、大きな問題も起きることなく、相続人全員が納得した気持ちで遺産分割を平等にすることができると思います。

後からのトラブルや金銭的・人間関係の負担などを追わなくて済むようにするためにも、遺言書は作成しておいてもいいと思います。
自分の意志で作成すればいいものなので、誰の力を借りることなく思っている気持ちをそのまま表してください。

例えば、遺言はあるけれどその通りにしたくない。という場合、このような内容は成立するのでしょうか?
こうなった場合には、相続人全員の同意を求める事ができるのならば、遺産分割協議で遺言とは違う取得者を決定することができるのです。

ここで、遺言書がなかった時に協議を進める中、この財産は誰が受け取るの?相続税は誰が払うの?など次々と問題が出てくる可能性もあります。
相続人同士=家族や親族の話し合いの場でもありますが、お金の話しともなると目の色変えて、追突してくる人もいると思います。

そうなると、人間関係に距離や隙間ができてしまし、嫌な雰囲気のまま離れ離れになってしまったという状態にもなり兼ねません。
いくら自分だけが頑張っても、周りの人たちの同意や納得がなければ、いつまでたっても話の内容は解決しません。

早い段階で財産に関する処理はしておくべきだと思います。
そうすることで、共有財産として扱われることもなくなり、個人で財産を受け取るということもできます。
相続税のことや配分のことなど山ほど考える事はありますが、内容を把握しておくことも大切なことではないでしょうか!

Menu